誕生。

産まれました。

3月19日

午後15時13分

3368gの元気な男の子。

入院してすぐに行われたモニターの結果、児心拍異常と診断され

主治医から帝王切開と自然分娩の選択をせまられました。

ようするに、促進剤で陣痛を起こすと

赤ちゃんが苦しくなるうという状況で

このまま薬を使用するのは赤ちゃんにとっては危険な事だと

帝王切開で出産するか、あくまでも自然分娩にと希望であれば赤ちゃんのタイミングで出産しましょう。。。というお話です。

私たちは、家族の負担と赤ちゃんの体力など考え、安心できる帝王切開を選択したという訳です。

ということで、15時から始まった手術で無事に我が子誕生。

今回はフリースタイル出産を希望していたので、そこは残念でしたが

元気な泣き声を聞いた瞬間、ホッとして涙が流れてきました。

思いもしていなかった帝王切開という出産スタイルだったので心の準備もできぬまま、あれよあれよと手術の準備をして

「じゃ、いってくるわ!」と立会い予定だった主人と娘に病室で見送られ

産まれたら外にいる家族に対面してから処置中の私の胸へとやってきた我が子。

今回もカンガルーケアといっても助産師さんの手を借りて。

スタイルは違ったけれど感動は一緒だったなと、今思います。

その後は麻酔で動けない私の横に主人が連れてきてくれる感じで

抱きたいけれどもそれどころではない私。。。

帝王切開楽だよ~

なんて誰が言ったの!!!

いやいや。。。

出産はどんなスタイルでも大変です。

私個人としては自然分娩のが楽!